スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花たちに会いに

IMGP1353_convert_20120428223948.jpg
りしゅう

IMGP1356_convert_20120428223832.jpg
あそぶ

IMGP1360_convert_20120428223725.jpg
にゃっ!

びびは最近ちょっとだけカメラを怖がらなくなりました。
しかし、おなかがちょっとだけどぇんの予感…w



さて、GW突入の世間でございますが
人ごみがやや苦手&写真をゆっくりとりたい私は、世間の皆様よりちょっと早めに遠出です。

前回、雪の中に訪れた阿蘇~久住に行ってまいりました。
写真は26日現在の開花状況です。この分だとGWは見ごろでしょうねぇ。

IMGP1364_convert_20120428224136.jpg
久住に向かう中継地の定番となりつつある、阿蘇一の宮です。
桜も散って、新緑の季節を迎える準備はばっちりです。
この雰囲気、やっぱり好きだなぁ。

IMGP1365_convert_20120428224344.jpg
阿蘇神社で…

IMGP1368_convert_20120428224237.jpg
藤の花に出会いました。
やや日当たりの悪いところだったので、ちょっと花に勢いはないかな?

IMGP1455_convert_20120428231539.jpg
緑色が広がりつつあるやまなみハイウェイ
左の車は自衛隊さんのトラックです

IMGP1462_convert_20120428231105.jpg
牧草地帯。緑が目に優しいね~。

IMGP1454_convert_20120428231239.jpg
どこかに牛さんいないかな~。

やまなみハイウェイは景色がとてもいいのと
山菜が生えているので、あちこちで車を止めている人たちが多い。
しかし、かなり無理な車の止め方してる人たちも少なからず。
スピード出る道路なので、結構怖いんだけどね…。
あ、もちろんちゃんと車止めにとめて、写真撮りましたよ。

さて、気持ちよく車を走らせてついたのは
くじゅう花公園です~♪

IMGP1372_convert_20120428224620.jpg
去年9月に来たときとはまた違う趣き。

IMGP1380_convert_20120428224731.jpg
この時期の主役は、チューリップ!
きれいだな~。

ちょっと写真が多くなりそうなので、以下追記に続きます。

続きを読む

スポンサーサイト

大人の遠足2日目

猫ブログなのに、猫の写真がない…
そんな突っ込みはやめてw

大人の遠足、最終回行きます。




運転は嫌いじゃないんだけど、久しぶりの長距離運転のせいか、いつの間にか寝ていたワタシ。
朝は目覚まし前に起きました。

昨日よりは冷え込みは弱いみたいなんだけど
小雨模様で始まりました。
オーナーさんが
「今日の予報は雨みたいですよ」って言っていましたが
いえいえ。今からまた山登るんですよ…。

IMGP0029_convert_20120202221033.jpg
朝ごはん。
オムレツはジャガイモ入りでおいしかった。
何より、パンがやっぱりおいしい。特にクロワッサンがバターの風味が何とも言えず食欲をそそる…。

おなかいっぱいになったせいか、それとも昨日の疲れがとれてないのか
部屋に帰ってから二度寝。
ああ、幸せ。zzz…

オーナーさんに起こされて、あわてて出発。
最後までお騒がせしましたw

昨日、ほぼやりたいことはやったんだけど
「あーっ」と叫びたくなる温泉を検索してたところ、気になるところが1か所あったので
その温泉に向かいます。

久住高原コテージです

昨日電話で問い合わせたら休館日ということで今日リベンジ。
シェ・タニの近くだったので結局昨日行った道をもう一度行くことになったんですけどね。
山を登っていくので雨から雪に変わっていく…
まわりが徐々に真っ白になるなか、恐る恐る進む。
まだ道路は除雪剤まいてくれているので何とか走れて到着。
ところがついたころには雪というか、吹雪…。

天気が良かったら九重高原が望めるんですけどこんな感じ。
IMGP1262_convert_20120202221442.jpg
やっぱり今回の同行者のせいのような気がする…←オイ
フロント嬢に「今日は気温が低いので、露天風呂は少しぬるくなっているかもしれません」
と言われたが
その前に、脱衣所が半端なく寒い!
隙間風がすごい&暖房設備がない!
服を脱ぐまでものすごい勇気を総動員。そして屋内風呂に速攻で飛び込みました。

天気の悪い&昨日休館日だったこともあるのか、入浴客は私たち2人だけ。
湯船はお湯がかきまぜられてないのか、上が暖かく下が冷たい。
もう、踏んだり蹴ったり。
お湯をかきまぜながらゆっくり温まって…。

意を決して露天風呂へ!
IMGP1268_convert_20120202221927_1.jpg
あ゛~~~~!!!(写真は同行者です)
寒い。半端なく寒い。
違う意味で叫んでしまったじゃないか。
温泉の温度は、程よく冷えて(?)長風呂してしまいました。
なんで吹雪いているなか、露天風呂なんか入っているんだろう…。
なんて、ぼーっと考えながら温まっていたら

罠が待っていた!
寒すぎて風呂からあがれない。
そうこうしている間に吹雪はどんどんひどくなる。

IMGP1266_convert_20120202221554.jpg
このままじゃほんとに動けなくなるんで
再び意を決して室内風呂へ。

と…とりあえず生還しました。
着替えている間に、雪がうっすら積もってしまいましたよ。
IMGP1270_convert_20120202222029.jpg

お土産を買ったりしているうちに、チェーン規制が拡大していっていたので
ここで、お守り代わりのチェーンを装着!
はじめてのチェーンだったけど、タイヤ屋のお兄さんから教えてもらっていたので
20分ほどで装着。

途中は、恐る恐る運転していたので、写真を撮る暇もありませんでした~。

お昼ご飯に高森の田楽食べたいね、という話になって
一の宮から山越えをして高森に向かうことに。

一度、雪がないところに出たのですが、再び山に登らないといけなくなり
再びビビりながらを登った…はいいんですが
油断した隙に

つる~~~~っ

「ひぃぃぃぃぃぃぃ!」

ええ、スリップしましたよ。
車が通ってなかったから事故りませんでしたが。

同行者がビビりまくっていたので「大丈夫大丈夫!」なんて言っていたけど
心はもう折れてました…orz
車内にやや沈黙に包まれたのち、到着したのが

高森田楽の里
古民家を改築しており、囲炉裏で田楽を食べさせてくれます。
メニューが田楽だけでなく、肉類もあるのでいろいろ選べます。
IMGP1274_convert_20120202222140.jpg
田楽定食1790円(写真は二人前)です。
これにだご汁が付くんです。冷えた体には最高!
でも、一番好きなのは、生あげ(手前三角の物体w)
山菜の付きだしもあって、満腹~♪

エネルギーを蓄え、帰路についたのでした。


二日目は吹雪くし、スリップするし、散々だったけど
それでも爆笑あり、悩み相談あり、いろんな話をしてとても楽しい遠足でした。


ビビには忘れられてたけどね…。

ご無沙汰してました& 大人の遠足1日目 その3

大変ご無沙汰していました。
ちと地下に潜っておりました…(;´Д`)

やすんでいた間にたくさんの方に来ていただいて、喜びの限りです!
これからもちと更新が遅れる可能性大ですが、気が向いたら寄ってくださいね。

では大人の遠足の続きです。



体があたたまっていい気持ちで宿に向かう私たち。
ところが日が暮れると同時にとたんに寒くなる…さすが山の上。

阿蘇まで戻り、本日のペンションにお邪魔いたします。

オーベルジュ森の小人さんです。
乙姫ペンション村自体が、森に包まれるようにあるところなので
森の中に入っていくような感じでした。

しかし、日が当たらないせいか冷え込みが強い…。
部屋に入って速攻で暖房つけましたよ。

ケーキが胃の中に残っているような気もしていたけど、料理が自慢の宿ということで
早速晩御飯♪

IMGP0022_convert_20120202220531.jpg
あっ。猫発見!
ナイフレストです。後ろ脚がかわいいw
ビビ、一人で大丈夫かな~。

IMGP0019_convert_20120202220409.jpgIMGP0020_convert_20120202220450.jpg
左が前菜の鳥のテリーヌ 右はホタテときのこのソテー
地元の食材を使ったコースだそうです。
テリーヌのソースがおいしかったなぁ。

IMGP0023_convert_20120202220618.jpgIMGP0024_convert_20120202220725.jpg
左がブロッコリーとエビのスープ 右がなすと魚(何かは忘れた…)の包み焼

IMGP0026_convert_20120202220817.jpgIMGP0027_convert_20120202220859.jpg
阿蘇赤牛のステーキとデザートプレート(デザートは二人分ですよ!!)

さしの入った高級肉より、これぐらいの赤味の肉のほうが私、大好きです!
焼き具合も実に好み。
写真にはないけれど、パンがおいしかったなぁ。おかわりしちゃったw
デザートまで手作りのあったかい味がするコースでした。
ごちそうさま。

本当なら、ワインでも頼みたいところですが、今日最後のミッションが待ってたので
我慢我慢…。
食事をゆっくりしてしまったけど、オーナーから
「近道行けば間に合います!」と言われ、あわてて向かったのが

阿蘇ファームランドです。
冬の間イルミネーションをしているそうで、出かけてきました。

IMGP1243_convert_20120202223558.jpg
寒空のイルミネーションって、とてもきれい。

IMGP1247_convert_20120202223738.jpg
終了前なのか、あまり人通りがなく、ゆっくり写真撮影w

IMGP1252_convert_20120202223849.jpg
いろいろ条件変えてとるんだけど、うまくいかないや…。

IMGP1251_convert_20120202223952.jpg
お…女同士ですが何か?

宿泊施設もあり、温泉施設もあるところで、この時間はお風呂に向かう人たちがパラパラ。
春節のツアーでも来てたのか、あたりは中国語であふれていた。
うーむ。

ばたばたしながら、目的の場所を満喫して、宿へ。
ますます寒くなってきたんで、ワインで乾杯して雑談。
つまみはもちろん、今日かったベーコンの切り落としですよw

明日は、もう1か所温泉に行くつもり。
ところがとんでもない事態が待っていた!

この続きはまた後日!

大人の遠足1日目 その2

馬ロッケとハムを手にいれてホクホクになった私たちは
1日目のメインイベントに向かいます。

IMGP1231_convert_20120202223108.jpg
雪の積もった阿蘇山です。

阿蘇一の宮からやまなみハイウェイを九重方面へ上ります。
ここは夏場に来たら牧草地で緑の高台が広々と続く気持ちのいいドライブコース。
冬なので、一面枯草だらけでしたが、天気が良くなってきてとても走りやすい。

目的地は瀬の本にある、「シェ・タニ」というお菓子屋さんです。
数年前に来たときに、プリンを購入したことがあったのですが
ケーキバイキングをしているのが気になって、再び来てみました!

IMGP1236_convert_20120202223229.jpg

ケーキバイキングは90分で1890円。
ケーキの種類は常時8種類程度おいてますが、品切れ次第、入れ替わるようで
もっとたくさんの種類があるみたい。
今回は平日の昼間ということで、お客さんがいなくて静か。

IMGP0016_convert_20120202215718.jpg
上が黒豆とゴマのケーキ 左が栗 右がイチゴのヨーグルトケーキ

IMGP0013_convert_20120202215634.jpg
これは友達のプレートだから覚えてない…w
友達はチョコ系がお好きなようで、この後もチョコ系を選んでいました。

IMGP0012_convert_20120202215552.jpg
上からメープルナッツ・ベイクドチーズケーキ・カシスとフランボワーズのケーキ(だったと思う)

店員さんが面白い人で、「30分でグロッキーになりますよ」なんて言ってましたが
ほんと、30分で二人ともフォークが止まってしまいました。
「カシスとフランボワーズをガリ代わりに食べてくださいね」なんて言ってたけど
ほんとにそうなったw

IMGP0014-1_convert_20120202220212.jpg
そんな店員さんに頼んで一枚。
建物もご自慢なようで、全体的に撮ってくれましたw

IMGP0018_convert_20120202220314.jpg
天気が良くて、おなかも満腹で眠くなる…。
結局30分ケーキを食べまくった後、仕事の話でお茶してました。

今回は、予定をあまり決めていない遠出。
寒いし温泉入りたい!ということになり
「あーーーーっ」て叫びたくなる温泉(訳:高原の景色のいい露天風呂)に入る!
が今回のテーマになりました。
宿に向かうには時間があるので、温泉をさがしていたら
近くに家族風呂があることがわかり、そこで入浴することになりました。


「スパ・グリネス」
個室全8室の温泉です。

IMGP1241_convert_20120202223345.jpg
私たちは杏というお部屋を利用。
岩盤浴付きで90分2690円(入湯税込)

IMGP1239_convert_20120202223439.jpg
露天風呂ではないですが、これだけ景色が良ければ十分。
硫酸塩温泉で、お肌がつるつるになる~♪
お湯も熱めで気持ちがいい。
7畳の和室もついていて、のんびりしてたら
友人は岩盤浴で爆睡してた…オイ。

温泉でケーキを消化して、いい気持ちで今日の宿へ出発!
でも後日w
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。